元抗がん剤病棟の看護師ブログ

抗がん剤病棟で勤務経験あり。抗がん剤に対して漠然とある「恐怖」「不安」を少しでも解消できるよう、私なりに知ってほしいこと、伝えたいことを書いています。知ることで解消できることもきっとあるはず。患者さん・家族に伝えるつもりで綴っています。

【抗がん剤の副作用】骨髄抑制【1】ーー抗がん剤をしたら誰にでも出現します!だけど意外と知られていないんです!

骨髄抑制(こつずいよくせい)聞いたことありますか?

抗がん剤と聞くと、脱毛や吐き気などの副作用を想像しますよね。

 

ですが、骨髄抑制ほど、程度は違えどすべての人に当てはまる副作用はないんです!

続きを読む

【抗がん剤の副作用】下痢ーーひどい場合、紙パンツを使って乗り切ることもあるんです!

久しぶりの更新になってしまいました><

 

いつもこのブログに訪問くださり、ありがとうございます*

 

 

さて、今回は、抗がん剤の種類によって、出現することがある副作用「下痢」です。

胃腸風邪や、腸炎などのウイルスやばい菌により下痢になることもありますが、抗がん剤のせいによって下痢になることもあるんです。

続きを読む

【お見舞い】抗がん剤患者さんのお見舞い・面会のベストタイミングはいつ?

「○○さんがガンなんだって!お見舞いに行かなきゃね!!」

 

家族・親戚・知人・友人・職場の同僚や先輩などが癌になって、化学療法をするために、抗がん剤病棟に入院しました。

 

抗がん剤(化学療法)を経験したことがない人(あるいは周りに経験した人がいない)がほとんどで、なかなかイメージが付きにくいと思います。

お見舞いに行くときの注意点がいくつかありますので紹介します。

※初回入院・初回治療を前提に書いています。

 

続きを読む

【抗がん剤の副作用】悪心(吐き気)・嘔吐ーー自分でできる対処法を紹介します!

 

今回は、抗がん剤の副作用の代名詞である「吐き気」「嘔吐」についてです。

 

抗がん剤の副作用で、患者さんが心配していることで一番耳にするのが、「吐き気」と「脱毛」です。

これらは、先に述べたアレルギーや血管外漏出に比べて出現する確率も高く、自分自身が辛い、治るまでに時間がかかる、自分自身のイメージ(ボディイメージ)を大きく変えてしまったという理由から、総合的な治療期間の中では一時的なことであっても(脱毛は違います)印象に残り、体験談を伝えるときなどに必然的に述べることになるのだと思います。

抗がん剤の種類や前投薬(事前にそれらを予防するもの)によって、吐き気が出現しないという人もたくさんいます。

続きを読む

広告

応援お願いします
にほんブログ村
にほんブログ村